そこにはない空間を現実のように体験させる仮想現実(Virtual Reality, 以後VRと略記)の技術は実用化されて久しく、すでに私たちの日常生活の中に浸透しはじめている。今後予定されている高速通信システム5Gの普及によって、VR技術は日常の様々な場面でいっそう普及していくことが予想される。また、かつては高価であった機材が低価格で手に入るようになり、専門的な知識を必要としたシステムもアプリケーションなどの形で手軽に使えるようになってきている。

このような中、昨年、私たちは、期せずして、空間を三次元的に記録する技術やヴァーチャルに復元する技術への注目が集まる出来事に遭遇した。2019年4月に発生したパリのノートルダム大聖堂の火災は、美術史家のアンドリュー・タロン(2018年没)が遺したノートルダム大聖堂の三次元レーザー計測のデータとパノラマ画像の存在を世に知らしめた。これらのデータは、大聖堂復元の展望が開き、人々に希望を与えることとなった(タロンによる三次元レーザー計測については、National Geographicのウェブサイトに掲載されている”Historian uses lasers to unlock mysteries of Gothic cathedrals“を参照)。また、国内では、2019年10月に首里城の正殿などの主要施設が焼失した際、その翌月には「みんなの首里城デジタル復元プロジェクト」が発足され、話題を呼んだ。このプロジェクトは、異なる位置から撮られた複数の写真や動画のデータから対象物を復元する技術を用いて、首里城をヴァーチャルに再現することを目指している。これには多くのデータが必要となることから、ウェブサイトを通じて首里城を撮影した写真や動画の提供を呼びかけている。これらの出来事は、空間を三次元的に記録することの有用性を如実に示している。

このように、空間の三次元的記録については、様々な分野への応用の可能性が開かれていることが認識され始めている。このような状況を踏まえ、本プロジェクトは、新しい技術を歴史学に応用し、その可能性と課題について検討することを目的に、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所情報資源利用研究センター(IRC)プロジェクトとして、2019年度に立ち上げられた。本プロジェクトは、空間情報の保存と利用の新たな方法としてVR技術に注目し、VRコンテンツの作成を通じて、歴史学研究におけるVR技術利用の意義や課題について検討する。

今年度は、プロジェクトの第一歩として、次の二つの目標を掲げた。

  1. 市販の機材を使った全天球撮影の実験を通じて、撮影方法とその課題を提示する
  2. 撮影した全天球画像をもとに、パノラマ・ツアーを作成し、研究や教育への活用方法を検討する

今回、カイロにあるスルターン=カラーウーンの寄進施設を対象として上記の実験を行うことにした。これは、マムルーク朝(1250–1517)のスルターン=カラーウーン(在位1279–90)が寄進によって創建した施設であり、病院・マドラサ(学院)・廟からなる複合体(コンプレックス)である。多数の歴史的建造物の中からカラーウーンの寄進施設を選択したのは、いくつかの理由による。まず、その複合体が病院を含むことがあげられる。この病院は、創建当時、エジプト・シリアにおける医療センターとして先端的な治療と医学教育を提供した。そして、その病院の機能の一部は現在にまで引き継がれており、現在は眼科クリニックとして患者を受け入れているのである。また、その建築様式や装飾は、古代エジプト、ギリシア・ローマ時代の建築要素を受け継ぎつつ、中世のヨーロッパの建築様式との融合も見られ、建築史の観点からも重要な建築である。これらのことから、カラーウーンの寄進施設は、中世イスラーム時代の社会や文化を縦軸・横軸の両方から見るための材料を提供するに違いないと考えた。

本プロジェクトでは、最終的には、VRゴーグルをかけて施設の中を自由に探訪することができるようなツアーを作成することを目指している。また、そのようなコンテンツが教育・研究にどのように資するかについても検討していく。この目標を達成するには、人文学と情報科学を架橋するネットワーク構築も重要である。プロジェクトのメンバーは、中東・イスラーム史の歴史研究者であり、VRに関する特別な知識を持たない研究者である。本プロジェクトは、専門的な知識を持たない人文学系研究者に、どの程度のことができるのか、どこまで発展させられるのかという試みでもあるが、突き詰めていけば、VRの専門家たちの協力を必要とする場面も出てくることが予想される。

さて、本プロジェクトのウェブサイトでは、今年度の成果として、プロジェクトの概要、カラーウーンの寄進施設に関する基礎情報、パノラマ・ツアーを公開する。寄進施設に関する基礎情報では、創建と修築の歴史、施設内の配置と機能についての概要をまとめた。この内、各施設に関する情報については、特に、プロジェクトメンバーであり、寄進施設を対象に社会経済史的観点から中世イスラーム社会の研究を行う久保が執筆を担当した。パノラマ・ツアーでは、施設の外観・病院・マドラサ・廟を巡ることができる。見どころとなる箇所にはマークが設置されており、それをクリックすると画像と解説を載せたポップアップが開くようになっている。そこに示される解説は、プロジェクトメンバーの深見 (イスラーム建築史専攻)によるものである。類似の事例、あるいは古い写真や絵画も掲載し、現在の建物を多角的に捉えられるように工夫した。それらの解説を読みながら、ツアーを一通り終えると、イスラーム建築を見る楽しさが生まれることであろう。

本プロジェクトの取り組みははじまったばかりであり、今年度作成したパノラマ・ツアーについても、さまざまな課題が残された(→撮影方法と課題)。これを踏まえて、来年度以降は、パノラマ・ツアーの課題に取り組むとともに、それをより臨場感のあるVRツアーに発展させていく方法についても検討していきたいと考えている。また、本サイトのコンテンツも順次充実させていく予定である。

カラーウーンVRプロジェクト
熊倉 和歌子

*本ウェブコンテンツは、IRCプロジェクト「仮想現実の利用が可能な視覚資料の保存・公開とその利活用のための基礎的研究」の成果の一部である

*本プロジェクトの遂行にあたり、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所フィールドサイエンス研究企画センターから機材の貸与を受けた。

PAGETOP